2019年8月22日木曜日

青山霊園の偉人たち

青山通り、赤坂御所やホンダ本社がある青山一丁目の交差点から南に折れ、外苑東通りを少し行くと青山霊園。

北東の角から入る。
目当てのお墓はなく、ただ歩いてみる。
海軍中将 東郷吉太郎
東郷平八郎は叔父(父の弟)
こんなところにあると思わなかった。
乃木神社は立派なものが全国各地にあるが、墓所は普通に青山にあるのが意外だった。

立体共同墓地もあるが、すでに満杯なのだろう。

藤波教忠卿墓
誰だか知らなかったが、大勢で祭りができるほど広場になっていたので撮影。
伊勢祭主、神祇大副を世襲した公卿。華族制度で息子が子爵。

海江田信義 枢密顧問官
何をした人かよく知らないが、幕末維新でよく出てくる薩摩の有力者。
東郷吉太郎の妻の父、母の兄、父の弟の妻の父である。三重につながっている。

警視庁墓地という、他より少し高い一角があった(左側)。

内閣総理大臣海軍大将 加藤友三郎

小村寿太郎
並びに島村速雄もあった。日露戦時の参謀長、のち軍令部長、海軍大将。死後元帥。

この警視庁墓地に上がってみる。(この日、唯一の寄り道)
牧野伸顕
大久保利通の次男。
生後間もなく父の義理の従兄弟にあたる牧野吉之丞の養子となるが、吉之丞が北越戦争で死去したため、牧野姓のまま大久保家で育った。
宮内大臣、内大臣、昭和天皇の信頼が篤かったことで知られる。

長女雪子の婿が吉田茂。その三女和子が麻生太賀吉と結婚し生まれたのが麻生太郎。つまりひ孫になる。

犬養毅
右隣りは子爵入江為守。昭和天皇の侍従長・入江相政は為守の三男

海軍中将 山口多門。
ご存じ、骨はミッドウェーに消えた。

左は高須四郎大将。開戦時の第一艦隊司令長官。
古賀長官行方不明の後、一か月ほど連合艦隊を指揮した。

右翼の巨頭 頭山満
早くから海外進出を唱え、日露開戦論を展開。
一方で孫文などアジアからの亡命者を援助し、大杉栄などとも交流があったという。

このあたり巡査の墓標が並び、警視庁墓地らしいが、全体のわずかである。
 いつのまにか有力政治家の区画になったのだろうか。
警視庁墓地は本来、西南戦争以来の殉職者を葬った一角だった。

加藤友三郎の真裏が空き地になっている。
となりの十字架が麻生多賀吉、麻生和子

帰宅後、警視庁墓地に葬られている人を調べてみた。
青山霊園ガイド(立木真人)別冊歴史読本臨時増刊1995年12月

この本によれば麻生多賀吉の場所に吉田茂がある。
娘夫婦の麻生に墓所を譲り、自分は移転したようである。

塀に囲まれた区域は筑前黒田家。52万石。
黒田長溥(11代)長知(12代)長礼(13代)

この都営霊園の番地表示はどうにかならないものか。
 1種ロ8区1/14側7番 浜口雄幸
 1種ロ8区1/14側14番 松平恒雄
区別するものは最後数字、7番、14番だけ。
その前の1種ロ8区1/14側は全く意味がない。
最初の2数字(3文字)は、1種イ、1種ロ、2種イ しかなくて、本来なら10 x 46 の460種類も表される表記で、たった3つしか使っていない。
次の区、側も数字を3種類、スペースで6つも使いながら順番性がまったくないから、この番地が分かっても地図では見つけられない。

すべてやめて住所番地のように端から、たった一つの数字を振り、385番とか820番とか付けた方がましである。
墓域をいくつかに分けて丁目に当たる数字を使えばもっと親切、それでも数字はたった2つ、6-13とか9-21とかで済む。
これなら墓域内の番地案内板も重宝されるだろう。

もっとも子孫の方が分かればいいのだから、外部の人間がとやかく言うこともないのだが。
霊園事務の人はたぶん別に通し番号を使って管理しているのではなかろうか。

大木喬任は佐賀の人。大隈、江藤、副島らとともに動いた。
大木遠吉は息子

桜並木だが、車道というのがつまらない。

川上操六 
日露戦争前に死去して惜しまれた陸軍の天才戦術家
通り沿いにたまたまあった。
三島通庸
鬼県令、警視総監として知られる。
この人こそ警視庁墓地がふさわしい。

歩いていたら、いくつもの墓石の向こう、遠くに長岡外史の文字がみえた。
もうやたら偉人ばかりだから、立ち止まることも近づくこともしなかった。
墓地というのは加藤家、堀家などと彫ってあり、あてもなくぶらぶら歩いていると偉人の墓を見過ごすのだが、変わった名前だと、いくら遠くても墓石の間から自然と目に飛び込んでくる。
男爵北里柴三郎

秋山好古
墓域を新しく整備しなおしたようだ。
鉄柱の跡がある石が横に並べられている。以前は鎖で囲まれていたのだろうか。

余り寄り道せず北から歩いて来て、ここがほぼ南端。
まだ崖下と立山墓地があるが、ここで千代田線乃木坂駅に向かって帰る。
途中、畝傍の森という一角があった。
巡洋艦畝傍慰霊碑
海軍増強のためフランスに発注、1886年完成、曳航する途中シンガポール出航後、行方不明になった。

海軍中佐広瀬武夫

副島種臣

青山霊園は過去に一度だけ来たことがある。
1995年ごろ。
やはり当てもなく、ひとりで通り抜けた。
今回ほど偉人の墓が目に入ってこなかった。知識も大してなかった。

そのかわり25年分、若かった。

2019年8月21日水曜日

青山通りを歩く

8月16日、渋谷駅は相変わらず工事中。
いつまで続くのだろう。

そういえば教養で同じクラスだった渡邊功氏が、文芸春秋2019年5月号「同級生交歓」に出ていた。そうそう、岡山県、井原高校だった。ちゃんと覚えている。
かれは理ニから工学部の都市工学に進学したが、それきり会っていない。東急の専務取締役として渋谷駅の再開発にも関わっているようで、東横線ホーム跡地に完成した駅ビル、渋谷ストリームでの写真だった。
寮生だったが43年も経って私のことをおぼえているだろうか。

やっとのことで迷路のような駅から出る。
宮益坂下交差点。
角のりそな銀行(旧協和銀行)は上京して入学手続するとき、納付金を振り込んだ。
人生最初に入った銀行だろう。このときすでに寮に入っていたと思う。

最初にこの道を歩いたのは、大学入学して1か月後。
寮に寝ていたら同級生の松元隆がいきなり訪ねてきた。
上京後初めての友人の一人で、都会育ちだった。
神宮に野球を見に行こうという。
渋谷まで歩いたか井の頭線に乗ったか、青山通りを歩いたのは行きだったか帰りだったか往復だったか忘れたが、とにかくこの日、青山通りを歩いた。

宮益坂上で青山通り、国道246号に合流。

子どもの城がフェンスで閉鎖されていた。
厚生省によって1985年11月に開館。2015年閉館。
舛添知事が跡地に都立広尾病院を移設、新築しようとしたが、辞職、小池知事が計画撤回したままになっている。
東隣にみえる階段状の建物は国連大学。こちらのほうが「城」っぽい。

1991年3月、長女長男を連れ4人で葛西臨海公園、山田・ぞうさん一家と待ち合わせ。その夜は二子玉川の山田家の社宅に泊まった。(昭和電工の福利厚生は田辺製薬より良かった。)翌日、山田家と一緒に子どもの城に来ている。ビルの中だから森や土など自然はないが、無数のプラスチックボールの詰まった中を泳いで喜んでいた。

「子どもの城」跡の前は今や箱根で有名な青山学院大学。
高層ビル校舎が、少子化対策、相模原からの都心回帰を物語っている。

最初で最後に来たのは1975年か76年。
学園祭に来た。
もちろんナンパしようと来たのだろうが、たぶん一人で行った気がする。都会的な女子学生に田舎者はどうしていいか分からず、すぐ帰ったのではなかったか。
実測東京全図 明治11年
青学の敷地は松平左京太夫、伊予西条藩3万石
明治後、開拓使1号用地とある。
青学の前身、東京英和学校が開拓使農事試験場第二官園跡地に来たのは1883年。

1885年には渋谷駅が開業したが、市内ではなく南豊島郡中渋谷村。
渋谷町が千駄ヶ谷町、代々幡町とともに東京市に編入され渋谷区になったのは1932年。
両方合わせてAoビル(アオビル)というらしい。
さすがに青山通りはオシャレな建物が多い。

南青山の路地に入ると、二階建ての小さな建物が並ぶが、美容院、ブティック、レストランなどきれいな店が多い。こんな格好で歩く老人は場違い。
ギャラリー、サロンドフルール
この日は堀内M君の絵をみにきた。
学習院関係者のサークルによる「縁展」。

青山通りに戻り歩くと、表参道との角に行列。
紅茶リプトンのフルーツインティー

自撮りが便利なのは、彼らにカメラを向けていると悟られないこと。
ただし構図が決めにくく、しばしば何を撮ったか分からないが。

表参道交差点。
渡った角には有名な山陽道書店

ポルシェの入った新青山東急ビル

そうだ、青山通りを自転車で走ったことがある。
1977年3月末、寮を出て本駒込の木造老朽アパートに移った。
長野の親がライトバンで上京し、布団、本、服を運んでくれた。自転車だけ入らず、後日、一人で運んだ道が青山通りだった。
上が青、下が緑というその後10年くらい使うジャージに身を包み、リックサックを背負い、天気は良かったが、上り下りが多くて難儀した。
青山御所の石垣は覚えている。
何処で曲がったか。
坂道を下って、高速道路が上を走る大交差点(赤坂見附)を通った記憶があるから、三宅坂まで登り、内堀通りを神保町に出て、水道橋をわたり、農学部前か白山上で本郷通りに入ったのではなかろうか。

高校時代から乗っていた自転車で、長野から父が運んでくれたものだったが、不思議と駒場周辺で走った記憶がない。下北沢、渋谷は歩いていた。
若いときは町の探検などに興味がなかった。
しかしその後、谷根千では通学で乗ることになる。

神宮外苑入り口の角。
60年の人生で二、三度しか来なかった青山通りでこの景色だけ記憶にある。
それは夜だったが、なぜここに来たか全く思い出せない。
伊藤忠青山アートスクエアというらしい。
地図を見たら隣が伊藤忠本社ビル。

神宮外苑は信濃町、千駄ヶ谷、絵画館など、北側はよく来る。
しかしこちらの青山方面はさっぱり。

伊藤忠本社の裏あたりが秩父宮ラグビー場。行ったことはないけど。
その裏が神宮球場。
そういえば上京一か月後に行った六大学野球、
当時は学内にチアガールのチームがなかった。
この日、焦げ茶色のユニフォーム、実践女子大チアガールの可愛らしい笑顔を見た。
復元江戸情報地図(小学館)
外苑つまり戦前の青山練兵場は、江戸時代に大名屋敷でもあったかと思ったが、ほとんど旗本、御家人の居住地だった。明治維新で彼らがそっくり自主的に立ち退いたのは、現代から考えると驚きである。

ホンダの本社ビル。
ガラスが割れても下に落ちないようにか、階ごとベランダのようなものがある。

青山御所
紀州56万石の御住居屋敷。なお別に上屋敷が紀尾井町にあった。

不思議なのは明治11年の地図で青山御所と書かれていること。
青山は大名の名である。紀州御所、徳川御所と同じではないか。
赤坂御所とかあったろうに。
ああ青山はすでに地名になっていたのか。嘉永6年の江戸切絵図でタイトルが「東都青山絵図」になっている。

青山通りの北(赤坂御所と外苑の間)に丹波篠山6万石、青山宗家の中屋敷、
南の青山霊園のところに郡上八幡4万8千石、青山分家の下屋敷があった。

別ブログ
2019-02-11 渋谷駅1 東横線のホーム、ヒカリエ、埼京線

2019年8月19日月曜日

懐古園の地形

8月13日、軽井沢からしなの鉄道に乗って小諸着 9:14。

駅のすぐ北、地下道で線路を西にくぐると三の門。
ふつうは城下町というくらい、町は城の下に広がるものだが。
しかし小諸は城が町より下にあり、穴城とも呼ばれる。
9:21
散策券300円。かつては無料だった。
この先が二の門跡

小諸城は浅間山麓から千曲川に下る斜面にある。
南西の千曲川が断崖であるのは良いが、北東の北国街道や城下町は地続きでしかも坂上になるから攻められそう。


小諸藩初代城主は秀吉の家臣だった仙石秀久5万石。
以後、松平(久松)、青山、酒井、西尾、松平(大給)とつづく。
元禄15年(1702年)に越後長岡の牧野家の分家格として牧野康重がはいり、この家が明治まで続いた。
9:28
水の手展望台に立つと小諸城の重要さが分かる。
甲信国境に発する千曲川は小諸で大きく折れる。
左は甲斐につながる佐久平、右は北信濃、越後につながる上田方面を断崖の上から見渡せる。城下町より低いことなど欠点にもならない。

北国街道、佐久街道の合流地点だけでなく、中山道も近い。
古くから交通の要所でもあったから、早くから砦、城はあっただろう。
現在の縄張りは、信玄の軍師であった山本勘助によるものだとされる。さらに小田原征伐のあと仙石秀久が入城し、石垣を用いた天守台など近世城郭に仕上げた。
1976-12-29 たぶん水の手展望台から
上田方面

最初に来たのは小学校高学年か中学生の頃か。
農作業が一段落した日に、中野から父母弟妹と5人でドライブに来た。
車はふだん出荷などで使うライトバンだっただろう。
祖父母は留守番。土日もなく働く父母にとって初めての家族団らんだったのではなかろうか。
カイコ園と聞いて蚕でも飼っている場所だと思った。
懐古の字を知ったのはそれから数年後。

二度目は1976年の年末、大学2年のとき。
帰省途中に高倉と小淵沢駅で落ち合った。
(ホームに雪が舞っていて、イルカ「なごり雪」を聞くとこの時を思い出す。)
そして小海線川上村の由井克之の家に遊びに行った。夜、山梨大の由井兄上とポーカーをやり、由井はオルガンを弾き、3人で川の字になって寝た。電気行火のスイッチとコードが高倉と私とで交差していて、彼は寒いと強くし、私は熱いと弱にした。
翌日長野に行く途中、小諸駅での列車待ち時間で懐古園に立ち寄った。
 
1976-12-29

酔月橋から水の手展望台をみる

3回目の懐古園は2006年5月3日。
2月に切除不能がんが見つかった父の見舞いをかねて、一家5人で車を借りて帰省した。
佐久ICで高速を降りて懐古園に立ち寄る。
北口料金所。ここはよく覚えている。
2006年、朝あまりに早くて料金所には誰もいなかったので、そのまま入った。
前夜、私は3番目(次女)と喧嘩した。
ずっと口を利かなかったのだが、酔月橋で断崖の空堀を渡り、石垣の本丸までいくと、中学2年の彼女は
「私、ここ好きかも」といった。

この城は、何本もの谷が並行して千曲川に向かって落ち、その谷と谷の間に天守台はじめ建屋がある。南に開いた谷なので、平城のような水を湛えた濠は作れない。
水がなくてもこれだけの断崖なら防御力は十分。

自然地形にしては川がないのに深すぎる。掘ったにしては谷どうしが並行で近すぎ、デザイン性がない。中間仮説として、浅い谷状の低地を深く掘ったものだろうか。
鹿島神社

小諸出身の文化勲章画家、小山敬三美術館のまえに小諸郷土博物館がある。
2009年から閉館しているらしい。
9:34
父母らと一緒に初めて懐古園に来たとき、ここは火山博物館と言った。
二階に上がると大きなジオラマがあり、北側に開いた窓からは浅間山が大きく見えた。
着工 1967年11月 竣工 1968年3月とある。

私は1968年4月に小学校6年になったから、家族で来たのは完成直後か、翌年私が中学生になってからか。
父の運転は軽井沢から鬼押出しをへて白根山、志賀高原をまわって中野に帰った。

それにしても広い。
松本城など市街にある平城が役所や学校に転用される中、ここは奇跡的に放置された。
小諸市人口4万2千人。
谷を埋めて市街地にするほど土地不足でもなく、博物館や官庁を建てるほどの中核都市でもなかった。

富士見展望台。
佐久の向こうは甲州、諏訪に通じる。

白鶴橋で木谷を渡って動物園へ。
信玄以前、ここにあった古い城は乙女城、または白鶴城といったらしい。

9:43
子どものころ中野から来たときは、 石垣や掘割などに興味なく、動物園が一番の見どころだった。
珍しく人が集まっている小屋があると思ったらライオン。
しかし雌だった。動物園にオスを期待してしまうのは私だけではないだろう。

陸ガメ
今の子供はテレビはじめ色んな娯楽があるから昔と同じように喜んでくれるだろうか。

この景色は子どものころ初めて来たときの記憶に近い。

徳川秀忠が3万8千を率いて中山道を関ヶ原に進んだとき、仙石秀久が小諸城二の丸に本陣を作って秀忠を迎えた。
ここで上田の真田昌幸が挑発する。
秀忠は上田城開城を迫るも、のらりくらりと返事を先延ばしされ激怒、攻撃を命じる。ところがわずか3千5百の真田軍に翻弄され決着がつかず、小諸城内にあった海応院の住職が仲立ちし真田と和睦した。
秀忠が関が原に間に合わなかったのは、真田によって小諸に10日間足止めされたことが理由とされる。

もし、西軍が勝っていたら3万8千の大軍を単独で無力にしたということで、真田は宇喜多、小西、石田など西軍の並み居る武将よりも、ずっと大きな働きをしたといえるのではないか?
9:49 秀忠腰掛の石

駅に戻り切符を買うと10:03の長野行き発車まで数分あった。
急いで駅そば市街地にある大手門をみにいく。
9:56

こうしてみると三の丸と二の丸の間を鉄道がとおっている。
そこから北が市街地になったようだ。
懐古園にある鹿嶋神社は明治以降に鹿嶋曲輪から移設したものだろう。

9:58
大手門は本丸から数えて4番目なので四の門ともいう。
三の門までつなげて整備したら松本など比べ物にならない大城郭になる。
天守閣がないというだけで観光客がこれほどすくないものかと驚いた。